メールでのお問い合わせ

眼瞼下垂の症状

まぶたが垂れ下がり、目がしっかりと開かない症状です。
黒目の部分にまぶたがかかってくるため、目元が眠たそうな印象になります。また視界が狭くなるので、

無意識に眉を上げて目を見開いたり、指で上まぶたを引き上げたりする癖が出ることがあります。額の筋肉を常に使うので、額にシワが入る原因になりますし、肩こりや頭痛の原因になります。

また、眼瞼下垂になると、他にも様々な症状や問題につながる可能性があります。

眼瞼下垂が原因の場合、治療により上記の症状が改善されると考えられます。

眼瞼下垂の原因

上まぶたを開けるための筋肉(=眼瞼挙筋 がんけんきょきん)が弱ることで、まぶたが下がるという症状がおきます。それを引き起こす原因は、先天性である(生まれつきである)場合と、加齢による筋力の低下・コンタクトレンズ(特にハード)の長期使用・神経系の疾患・目の周囲の腫瘍など後天性の場合があります。また、加齢により上まぶたの皮膚がたるむ(余る)ことも原因になります。

切る挙筋前転法

まぶたを開ける筋肉(眼瞼挙筋)が弱い場合、その力を強める必要があります。緩んだゴムを短くすると強くなります、それと同じ発想の手術です。局所麻酔でおこないます。

余分な皮膚を切除します。[ (2)、(6) ]

眼瞼挙筋をつまんで引き下ろし(前転し)[(7)]、それを下の方にある瞼板という硬い組織に縫い付けて固定します。 [(8)]

皮膚を縫合して手術終了です。[ (3)、(9) ]

施術名メリットデメリット
挙筋前転法
  • 皮膚切除と同時に挙筋力を改善できます。
  • 二重のラインが取れることはほぼありません
  • 術後3ヶ月以降でも黒目の大きさに左右
    差がはっきり出る場合、挙筋腱膜の短縮
    調整手術が必要となる場合があります

切らない挙筋前転法


施術名メリットデメリット
切らない挙筋前転法
  • 術後の腫れが少ない。
  • 重度の眼瞼下垂には適応しない。
  • 余分な皮フを切除できない。

上まぶたのたるみ取り(二重ラインで皮膚切除)

先天性あるいは加齢によって伸びてしまっている余分なまぶたの皮膚を取り除くことで、はっきりとした目に仕上げる方法です。 特に、三角眼(目尻のたるみが大きい状態)の方に有効です。

座った状態で下垂の度合をチェックし、切除部分をマーキングします。

切開部分に局所麻酔を行います。

上まぶたを切開、余剰の皮膚や脂肪を取り除きます。皮膚と瞼板に糸をかけ固定、縫合して終了です。

施術名メリットデメリット
上まぶたのたるみ取り
  • 二重ラインが安定します。
  • 皮膚をとるため瞼が軽く感じます(目を開けるのが楽になります)
  • 腫れている期間がやや長め(落ち着くまで2週間程度)
  • 皮膚の切除量が多い場合、皮膚の折り込みがやや厚く仕上がる可能性があります

上まぶたのたるみ取り(眉下で皮膚切除)

眉毛のラインに沿ってすぐ下付近の余分な皮膚を切除する方法です。仕上がりが自然なので、一重の方で二重にしたくない方、目の印象を大きく変えたくない方に最適です。

理想とする眉のラインを元に、切除部分や切除量を決めていきます。

切開部分に局所麻酔を行います。

余剰の皮膚や脂肪をと取り除き、縫合して終了です。腫れも少なく、術後の回復が早いです。

施術名メリットデメリット
眉下皮膚切除
  • 目の印象が大きく変わりません。(一重の方で二重になりたくない方など)
    腫れている期間が短いです。(7日程度で引きます)
  • 傷が眉に隠れることで目立ちにくい。また抜糸翌日からメイクで傷を隠すことができます。
  • 眉の描き方を変えると、手術直後は
    手術跡が見えてくることがあります

保険適応できます。
症状によって適切な治療法を選択いたします。またクレジットカード払いや医療ローンもご用意しております。

メールでのお問い合わせ




メールでのお問い合わせ




メールでのお問い合わせ



〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2丁目4番7号
桜橋ニコービル2階

■駅からの距離
地下鉄四つ橋線 西梅田駅10番出口より徒歩1分
JR東西線 北新地駅より徒歩5分
JR大阪駅 桜橋口・中央南口より徒歩5分
阪神電車 梅田駅より徒歩5分


桜橋ボウルをこえてすぐ、BREEZE BREEZE(ブリーゼブリーゼ)の手前にある桜橋ニコービルの2階です。

  • ご来院をご希望の患者様は、以下のフォームにご記入ください。折り返しご連絡させていただきます。
  • 近日のご予約はお電話06-6344-8118でご予約ください。
  • メールアドレスなど、入力された内容に誤りがある場合、正常にご利用いただけない場合があります。
    数日経過しても確認メールが届かない場合は、再度お申し込みいただくか、お電話にてお問い合わせください。
  • [必須]は必須項目となります。

お手数ですが下記のフォームに必要事項をご記入のうえご予約ください。

予約希望日
ご来院の方は
ご記入下さい [必須]
第1希望 : 日 時間
第2希望 : 日 時間
第3希望 : 日 時間
お名前 [必須]   例)栄 はまこ
メールアドレス [必須]  
例)account@yourprovider.co.jp
※携帯メールアドレスをご記入の方は、必ず「info@vivencia-clinic.co.jp」を受信できるように設定しておいて下さい。
電話番号(携帯可)[必須]  例)0521234567
ご希望の返信方法を
お選びください。
  
お住まいの都道府県[必須]
性別   
年齢 [必須]  歳
具体的なご相談内容を
お聞かせ下さい。

メールでのお問い合わせ