TOP > 診療項目 > フォト治療(光治療)

施術詳細

フォト治療(光治療)

  • 形成外科
  • 美容外科・美容皮膚科
  • 漢方
  • エステ

対応するお悩み しわ , アンチエイジング , シミ , ニキビ・肌荒れ , 頬のタルミ

photo9

フォト治療とは?

フォト治療とは、 優しい光(=IPL:Intense Pulsed Light)を顔に照射することで肌の美しさ・若さを取り戻す美容治療です。
そばかす、肌の老化、シミ、くすみ、脱毛、ニキビ、ニキビ痕、毛穴の開き、毛細血管拡張、赤ら顔、タルミ、キメ改善などに効果があり、美容医療が初めての方でも受けやすい治療です。

別名:IPLフォト治療、フォトフェイシャル治療、IPL治療、光治療、トータルライティング、I2PL、MIPL、ライムライトなど
photo1
光には、いろいろな波長の光があります。波長の短いものは紫色、長いものは赤色の光です。目に見えない光は、紫外線、赤外線と呼ばれます。
その光の中でも、一つの波長の光を照射するのが、レーザー治療です。例えば、黒色や茶色といった色=シミに最も反応しやすい波長の光は694nmで、この波長の光を使っているのが当院のシミ取りレーザー治療器です。
それに対して、フォト治療は、いろいろな波長の光を一度に照射します。
その中には、
脱毛に効果のある波長の光
シミやすくみに効果のある波長の光、
毛細血管や赤ニキビといった赤みに効果のある波長の光、
毛穴縮小に効果のある波長の光
が含まれています。
そのため、レーザーに比べて優しい光にもかかわらず、色々な肌トラブルに効果があるのです。
また、光エネルギーが肌を熱刺激して、コラーゲンを増やし、タルミを改善したりキメを整えたりする効果もあります。

つまり、肌の老化をオールインワンで改善するのがフォト治療といえます。

photo2

photo3

施術の流れ

(1)診察、治療の説明
(2)メイクオフ(施術者がおこないます)
(3)ジェルの塗布
(4)フォト治療
(5)海藻パック(鎮静)
(6)お仕上げ
メイクオフからお仕上げまで、およそ1時間程度です。

photo11

通院の頻度は?

肌のターンオーバーに合わせて、1ヶ月毎の治療がおすすめですが、ご本人のご都合に合わせて治療をお受けいただいて結構です。

何回くらい受ける必要がありますか?

1回でも効果を実感する方は多いのですが、5回くらいお受けになることをお勧めいたします。

シミは取れますか?

シミに反応した場合、施術直後から翌日にかけて、乾いたカサブタができます。カサブタの上からメイクできます。およそ1週間程度すると、洗顔時に、カサブタがぽろぽろ落ちて、シミが薄くなります。薄いシミより濃いシミの方が反応しやすいです。

レーザーによるシミ治療との比較

レーザーは濃いシミだけでなく薄いシミも取ることができますが、レーザー治療後の2週間は軟膏を塗りテープを貼る必要があります。より確実にシミをとるなら、フォト治療よりレーザー治療の方がよいです。
フォト治療は薄いシミには反応しにくい(とれない)ことが多いのです。そのため、レーザーに比べると、シミをとる力は弱いといえます。しかし、施術後にテープを貼る必要がない、施術後すぐに素肌にメイクできる、といったメリットがあるので、顔にテープを貼ることができない方には適しています。
できるだけフォトでシミをとってから、残ったシミにだけレーザー治療することで、テープを貼る量を最小限にする方法もあります。

フォト治療効果の実感は湧きますか?

ピーリング効果(古い角質をとる効果)があるので、施術直後に透明感を感じる方が多いです。また、翌日から「メイクがのりやすい」「モチモチした肌質になった」と感じることが多いです。
また、シミが薄くなると、効果を実感します。

痛いですか?

輪ゴムではじかれた程度です。痛みに弱い方は、強さを加減して治療いたします。
同時施術にイオン導入
フォト治療の直後にイオン導入をおこなうと、相乗効果があります( プラス ¥3,240)。
《理由》
フォト治療には、ピーリング効果があり、化粧水や美容液が吸収されやすくなります。さらに美容液成分に電気を帯びさせて(イオン化して)、電気で誘導すると(導入すると)、およそ手で入れる時に比べて50倍入ると言われています。ですから、フォト治療の直後にイオン導入するのは、当院だけでなく、世界中でなされている、とても相性の良い治療法なのです。

施術料金

¥16,200 (フォト+海藻パック)

症例1

シミが減っています。
photo12

症例2

そばかすが減っています。
photo4

photo5

症例3

キメが細かくなり、肌質が改善しています。
photo6

photo7

院長からのコメント

フォト治療が始まった20年前、こんなにもフォト治療が広がるとは思ってもみませんでした。世界中で広く使われ、その効果を実感する人が多かったから、定番化したのだと思います。。
定期的に長くフォト治療を受けている方は、「肌がきれいですね、何かやってる?」と、周囲の人から言われることで、フォトの効果を感じるそうです。また、長くフォト治療を受けていたけれど、諸事情でフォト治療を止めると、次第に肌の調子が落ち、よい肌質を保っていたのはフォト治療のおかげであったと止めてから気づいたという声も聞きます。
定期的にフォト治療を続けることで、フォト治療の本領が発揮されるのだと考えます。
フォト機器の実力は、出力、パルス幅、使用する波長などで決まります。患者様の肌質をよくみて、最も適した出力で治療します。
フォトに先立ち、ケミカルピーリング施術をする方が効果的に肌質改善できることもあります。また、フォト治療は、いろいろな肌トラブルに対処できるとはいえ、得手不得手があります。診察にて肌質を十分に観察させていただき、よりよい治療を提案させていただきたく存じます。

診療項目を探す