TOP > 診療項目 > プチ二重まぶた手術(腫れが非常に少ない埋没法)

施術詳細

プチ二重まぶた手術(腫れが非常に少ない埋没法)

  • 形成外科
  • 美容外科・美容皮膚科
  • 漢方
  • エステ

対応するお悩み 瞼(まぶた)・目元

プチ二重瞼手術とは

切開しないで二重まぶたを作るプチ手術です。細い糸を通して二重まぶたのラインを作ります。
柔らかい・優しい・涼やかな・きりっとした・パッチリした・華やかな目元など、ご希望に応じてデザインできます。目元だけでなく、顔全体の印象を良くする優れた方法です。
作りたい形、二重の幅などによって、留める箇所(点数)が変わります。

優れている点

瞼はとても繊細で、触れば触るほど腫れが強まる部分です。この方法は、ダメージが小さく、腫れが少ないので、早期に日常生活に戻ることができます。
くっきりした二重瞼になる切開法に比べ、仕上がりが柔らかく自然でです。
皮膚にキズ痕を残さない(ほとんどの場合)。

施術料金

両側:1点留め 64,800円、2点留め 86,400円
   3点留め 108,000円、4点留め 129,600円
(片側のみは ×60%)

施術時間

10分~20分

腫れの程度

手術直後~翌日:泣きはらした程度
3日目:7割程度の腫れは引きます
7日目:8~9割程度の腫れは消失します
30日:ほぼ完全に腫れは消失します
(個人差があります)

手術にあたり、心掛けていること

説明とデザインが大切ですので、そこに時間をかけます。

手術は短時間。執刀に際して、ていねいにかつ無駄な動きを減らして手術時間を短縮すれば、局所麻酔の量も減り、腫れも減ります。

腫れを最小限に抑えるため、様々な工夫をしております。
 メスを使わない(ダメージを減らすため)
 痛みのコントロール
 麻酔は極細針を使用し、痛みを減らし内出血をできるだけ避ける、など

この手術方法の欠点の1つは、埋没した部分食い込む(凹む)ことがあることです。瞼を閉じた時に、食い込みがあると、手術をしたことが分かります。そうならないように、いくつもの工夫をしております。

症例写真1

手術前

「右の二重の幅を左に揃えて欲しい」というご希望。
.

手術前シミュレーション

術後に、この幅になるようにデザインします。
.

デザイン

5点留めのデザインです。

右眼の重瞼幅(=重瞼線から瞼の縁までの距離)は9mm、左は8.5mmです。右眼の方が、皮膚が余り気味なので、予定する重瞼線を左より高くすることで、バランスをとる計画です。
.

手術直後

腫れはごく軽度です。近くから見つめなければ分からない程度です。
.

糸を通した部分の食い込みはありません。
.

術後5日目

腫れはほとんどありません。
.

すでに糸を通したキズは分かりません。
.

術後19日目

腫れは消失しています。
.

術後1年

二重の幅は維持されています。
.

手術前後の比較

手術前に比べて、術後の左側の重瞼幅が狭く見えます。これは、手術前には眉を上げる癖があったためです。右側の瞼が重く感じていたため、視界を広げようとして無意識に両眉を上げて、眼を見開いていました。眼を見開くと、二重の幅は広がります。しかし、二重の手術をすることで、瞼が軽く感じる=開きやすくなったため、眉を上げなくてもよくなったので、自然とその癖がなくなったのです。そのため、左の重瞼幅が狭く見えるのです。術後の方が穏やかな印象に見えます。術後1年の状態をイメージして、術前デザインを行い執刀します。

体験談

手術中の痛みもなく 目の腫れも5日程で収まりました。アフターケアも充実しており、このクリニックが大変、気に入りました。

■□■□大阪 北区 梅田 形成外科 美容外科 漢方内科 美容皮膚科 ヴィヴェンシアクリニック □■□■

診療項目を探す