TOP > 診療項目 > ホクロとり(保険適応可、目立たない)

施術詳細

ホクロとり(保険適応可、目立たない)

  • 形成外科
  • 美容外科・美容皮膚科
  • 漢方
  • エステ

対応するお悩み ホクロとり

ホクロとりについて

小さい頃からあるホクロ、大人になってから出てきたホクロ、両方とも除去することができます。
特に鼻や口周りにあるホクロは、「ゴミがついてますよ」と他人から指摘されるので取りたいと考える方もいらっしゃいます。もちろん除去できます。

足の裏にあるホクロは、常に体重がかかり、それが刺激になってガンになる可能性が高く、早急に除去することをお勧めいたします。

ホクロの境界が不明瞭(縁がぼやけている)であったり、急速に大きくなってきた場合もガンの可能性があるので、早急に検査を受けることをお勧めいたします。

もちろん、キズ痕をできるだけ綺麗にする、目立たないようにすることも、とても大切です。そのことを念頭に治療法を選択します。

治療法

大きく分けて、焼灼法と切除法に分かれます。

焼灼法(ホクロを焼いて取る)

直径7mm以下のホクロは、焼いて取る方が綺麗になると言われています。
焼灼する際に心掛けていることは、焼きすぎないことです。深く広く焼くと、ホクロの細胞はより確実に除去できますが、深い傷を作ることにもなり、キズ痕が目立つことに繋がります。ギリギリに焼いて、万が一再発した場合は、その部分だけ再度焼灼すると、最もキズ痕が目立ちにくくなると考えています。

切除法(ホクロを切って取る)

一般に、直径8mm以上のホクロは切除することを考えますが、ケースバイケースで治療方法を選択します。
紡錐形に切除して直線上に縫合する場合と、丸くギリギリにくりぬいて巾着縫合する場合があります。

焼灼に使用する器具

Errmanサージトロンdual EMC(高周波機器の一種)

surgitron-dualEMC
ホクロ焼灼法によく用いられる炭酸ガスレーザーの特長は、熱拡散が少なく、正常な皮膚細胞のダメージが少ないことです。サージトロンは、少ない熱拡散に加えて、焼灼の深さ、広さを自在にコントロールできます。それは、先端の形状が多種類あるので繊細に焼灼できるからです。毛が生えているホクロを見かけることがありますが、ホクロの細胞は毛穴に潜んでいることも多く、これを焼灼することは、ホクロ再発を防ぐ上で、重要な手技です。この毛穴をピンポイントで焼灼すれば、キズを最小限にすることができますが、その際にはルーペで確認しながら、繊細に行います。以上の理由から、当院では、本器がホクロ除去に適していると考え、採用しました。

Qスイッチルビーレーザー

浅くて薄いホクロはこれで除去します。
Q switch ruby laser

治療後にテープなどのカバーは必要ですか?

皮膚が張るまでのおよそ3週間、軟膏を塗ってテープでカバーする必要があります。このことは、キズ痕を綺麗にするために、とても大切です。非常に目立ちにくいテープがありますので、これを使用すると比較的社会生活を乱さずに過ごすことができます(テープ代は実費)。
 ※目立ちにくいテープについては、こちらをクリックしてください。

保険で治療できますか?施術料金は?

保険診療で除去できます。(例外もあります、診察にてご相談ください)
費用は6,000円~10,000円程度です。

症例写真

施術前

nevus before

施術後

体験談1

(赤唇の母斑除去症例)
長い間のコンプレックスが無くなり、とても嬉しいです。これからは口元を気にする事からやっと解放されます。諦めずに来院して良かったです。『感謝』
koushinbohan-taikendan1

体験談2

大変満足しています。先生もスタッフの方々も皆さん優しく、安心して施術を受けることが出来ました。上唇のシミも除去しようと思っています。本当に有難うございました。

■□■□■ 大阪 北区 梅田 形成外科 美容外科 漢方内科 美容皮膚科 ヴィヴェンシアクリニック ■□■□■

診療項目を探す