TOP > 診療項目 > 逆まつげ手術(上・下眼瞼内反症、保険診療)

施術詳細

逆まつげ手術(上・下眼瞼内反症、保険診療)

  • 形成外科
  • 美容外科・美容皮膚科
  • 漢方
  • エステ

対応するお悩み 瞼(まぶた)・目元

逆まつげ(眼瞼内反症)とは?

逆まつげ(眼瞼内反症=がんけんないはんしょう)は、まつげ(睫毛)が眼球に触れてしまい、角膜炎・結膜炎をおこします。上瞼のまつげで起こる場合と、下瞼のまつげで起こる場合があります。この治療法として、手術が有効です。保険診療で受けることができます。

症状

  • かゆみ
  • 痛み
  • 涙目(流涙)
  • 充血

など…

原因

まぶたがぽってりしている(組織量が多い)と、その皮膚に押されてまつげが眼球に当たってしまうことが原因です。赤ちゃんの多くは逆まつげなのですが、まつげが軟らかいので、角膜炎・結膜炎をおこさないのです。大人になるにつれて、まつげは太く硬くなりますが「ぽってり」は減少していくので逆まつげが自然と治りますが、まつげが太くなったにもかかわらず逆まつげが治らないと結膜炎をおこしてしまうのです。
「ぽってり」がなくても、まつげが眼球の方を向いているケースもあります。

手術による治療

局所麻酔で行います。「ぽってり=余分な組織」を減らして、まつげを外反させる(外に向ける)手術です。

《上瞼の逆まつげ手術》
① : 上瞼のまつげが眼球にあたっています。これを逆まつげ(内反症)と言います。
①④: 内反している部分の皮膚を切開します。余分な皮膚を切除します。
② : まつげが外に向くように縫います。
③⑤: 手術終了時。

ganken naihansyou2

gankenn naihansyou1

手術時間

左右合わせて、およそ60分

術後の経過

多少の腫れはありますが、翌日から仕事もできます。1週間後に抜糸します。痛みは少なく、痛み止めの内服で十分コントロールできます。

施術料金

およそ¥15,000(保険診療)
(症状によっては、保険適応できない場合もあります)

よくある質問

Q: 逆まつげの症状(かゆみ、痛みなど)が強くて、逆まつげを抜いている場合、診察・治療を受けることができますか?
A: 逆まつげを抜いていても、診察・治療ともできます。逆まつげが生えていると、生えている向きなどが分かるので、よりよい治療ができます。

Q: 上まつげ、下まつげとも逆まつげなのですが、同時に治療可能でしょうか?
A: 同時に治療可能ですが、腫れが強まるので、2回に分けた方がいいと考えます。

■□■□大阪 北区 梅田 形成外科 美容外科 漢方内科 美容皮膚科 ヴィヴェンシアクリニック □■□■

診療項目を探す