TOP > 診療項目 > 眼瞼下垂(まぶたが重い、開けにくい)

施術詳細

眼瞼下垂(まぶたが重い、開けにくい)

  • 形成外科
  • 美容外科・美容皮膚科
  • 漢方
  • エステ

対応するお悩み アンチエイジング , 瞼(まぶた)・目元

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

まぶたを開ける力が弱まって、「目が開けにくい」状態をいいます。また、上まぶたのヒフがたるんでくることでも起こります。
まぶたが重い」「視界が狭く、テレビを観るときには指で上まぶたを引き上げる」などと感じることが多く、ひどい肩こり頭痛が起きることも、しばしばあります。「写真うつりが眠そう」「運転時に視野が狭くてしんどい」などの症状もあります。

眼瞼下垂は手術治療で改善します。
手術をすることで、「視界が広がった」「運転がしやすくなった」「肩こり、頭痛がなくなった」など生活が楽になります。

保険治療できます。ご相談ください。

費用

保険診療(3割負担)の場合、およそ50,000円程度(初診料、手術代、検査費用など含む)

手術方法 ー 挙筋前転法 ー

眼瞼下垂にはいくつかの手術方法があり、症状によって使い分けます。
そのうちの1つ、挙筋前転法を紹介します。
まぶたを開ける筋肉(眼瞼挙筋)が弱い場合、その力を強める必要があります。緩んだゴムを短くすると強くなります、それと同じ発想の手術です。
 局所麻酔でおこないます。
②⑤ 余分な皮膚を切除します。
⑥⑦ 眼瞼挙筋をつまんで、それを下の方に縫い付けます。そうすることで、筋肉が短くなり力が強まります。
③⑦⑧ 皮膚を縫合して手術終了です。
ptosis tucking 1

ptosis tucking 2

■□■□大阪 北区 梅田 形成外科 美容外科 漢方内科 美容皮膚科 ヴィヴェンシアクリニック □■□■

診療項目を探す