TOP > ブログ記事一覧 > シミとりレーザー治療の流れ

ブログ 記事詳細

シミとりレーザー治療の流れ

シミ、ホクロ

2012年10月01日

autumn2

台風一過、秋の気配が漂ってきました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

レーザー治療の流れについて、患者様からご質問がありましたので、ご説明いたします。

《施術の流れ》
(1)お電話(06-6344-8118)をいただき、診察の予約をしていただきます。その際、「レーザー治療の診察を受けたい旨、診察で納得すればその日に治療を受けたいか、その日は説明を受けるだけがよいか」お伝えください。
(2)予約日時にご来院ください。念のため、保険証をお持ちください。シミの種類によっては、保険が効くものもあるからです(生まれつきのあざなど)。
(3)問診票記入のあと、診察(15-30分程度)。レーザーの痛みを軽減するため、麻酔クリームを塗り浸透させます(15分程度)。
(4)診察で納得されたら、当日に施術できます。お考えになってから、後日の治療でも構いません。実際のレーザー照射時間は、10秒ー30秒程度です。レーザー照射の痛みは、「輪ゴムではじかれた程度」です。照射後、少しヒリヒリ感がありますが、アイスノンなどで冷やすと軽減します。翌日の午後には、その痛みも消失することが多いです。
(5)テープの貼り方を含め、キズ管理のご指導をさせていただきます。
(6)お支払いの後、ご帰宅。初診の場合、ご来院からご帰宅まで、およそ1時間です。

費用は、レーザー治療代+テープ代(実費)です。薬代はレーザー治療代に含まれています。

シミ治療にかんするホームページは、こちらをご覧ください。

4週間後に再診させていただきます。自費診療の場合、再診料は不要です。

———————————————————————-

目立たないテープを使えば、秋の装いを邪魔することもありません。シミが減ると、顔色がワントーン上がります。気分も上がります(笑)。

よい一週間をお過ごし下さい。

ヴィヴェンシアクリニック 院長 野町 健

予約電話: 06-6344-8118
大阪府大阪市北区梅田2丁目4−7桜橋ニコービル2階
(西梅田、ブリーゼブリーゼ東隣、国道2号線沿い)

laser
これが当院で使用しているシミ取りレーザー器です。正確には「Qスイッチルビーレーザー」という優秀な機械です。

シミ取りに使う代表的なレーザー機器は、「Qスイッチルビーレーザー」「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」「QスイッチYAG(ヤグ)レーザー」があり、どれも使ってきましたが、シミ治療で最も効果的なのは「Qスイッチルビーレーザー」と考えております。
理由は、「きっちりシミの色素を焼くことができる」「キズ痕が残りにくい」からです。